【Scratch】レベルに合わせてプログラミングできる!『Tello EDU』の実力がスゴい!【Swift】

スポンサーリンク

想像以上にいろんなことが出来るドローン、『Tello EDU』。

こんにちは。UNDER500です。

DJIとintelの技術を導入して、非常に高い安定性を持った小型のドローン『Tello』。

GPSは搭載されていないものの、ホバリングの安定性などトイドローンとは思えないほど高性能な機体です。

その派生モデルである『Tello EDU』がなかなかすごい性能を持っていました。

【屋内でも】DJIのトイドローン!『Tello』がウワサ以上に高性能!【屋外でも】
2018年4月に発売された”RYZE Tello”。 おもちゃとは思えないほど高性能のドローンです。 ...

【Tello】派生モデル『EDU』と『アイアンマン エディション』

派生モデルとしてプログラミング教育用のドローン『Tello EDU』があります。

『Tello EDU』では『Tello』も対応しているプログラミング言語『Scratch(スクラッチ)』はもちろん、AppleのiOSやmacOSなどで利用できる『Swift(スイフト)』と、汎用性の高い言語の『Python(パイソン)』にも対応しています。

価格は 16,800 円(税込)。ちょっとだけ『Tello』より高いですね。

DJIやAppleのオンラインストアと一部のApple ストアで販売しています。

『Tello EDU』は専用アプリのほか、『Tello』アプリでも操作することができます。iPad専用アプリになりますが『Swift Playgrounds』での操作も可能です。

TELLO

TELLO

Shenzhen RYZE Tech Co.Ltd無料posted withアプリーチ

TELLO EDU

TELLO EDU

wistronT1無料posted withアプリーチ

Scratchを使ったブロックプログラミングを遊びながら学べるほか、機体の操作も可能で『Gyroscope Control Mode(ジャイロスコープ コントロール モード)』ではスマホを傾けて操作することもできます。

以前は日本語にも対応していましたが、現在は中国語と英語だけになってしまっています。

最新のバージョン1.3.1から日本語対応になりました。

他にも『Tello EDU』は、『DroneBlocks』などのにアプリに対応しています。

『DroneBlocks』は通常の『Tello』にも対応していて、海外で『Tello』のプログラミング学習によく使われているアプリです。

DroneBlocks

DroneBlocks

Dennis Baldwin無料posted withアプリーチ

『IRON MAN』とコラボした『Tello IRON MAN EDITION(アイアンマン エディション』も発売されましたね。

専用のアプリまで用意されています。

Tello Hero

Tello Hero

Shenzhen RYZE Tech Co.Ltd無料posted withアプリーチ

これもなかなか面白そうですね。

【Tello EDU】Telloとの違いは?

【Tello EDU】機体のスペックは『Tello』とほぼ同じ

Tello EDU

  • 重量: 87 g(プロペラとバッテリー含む)
  • サイズ: 98×92.5×41 mm
  • プロペラ: 3インチ
  • 内蔵機能: 距離計、気圧計、LED、ビジョンシステム、2.4 GHz 802.11n Wi-Fi、720p ライブビュー
  • ポート: Micro USB充電ポート

Tello

  • 重量: 約80 g(プロペラとバッテリー含む)
  • サイズ: 98×92.5×41 mm
  • プロペラ: 3インチ
  • 内蔵機能: 距離計、気圧計、LED、ビジョンシステム、2.4 GHz 802.11n Wi-Fi、720p ライブビュー
  • ポート: Micro USB充電ポート

機体のスペックは、ほぼ同じですね。

『Tello EDU』の方がわずかに重い程度です。

  • 飛行性能 最大飛行距離: 100 m
  • 最大速度: 8 m/s
  • 最大飛行時間: 13分
  • 最大飛行高度: 30 m
  • 脱着式バッテリー: 1.1Ah/3.8V
  • カメラ 写真: 5MP(2592×1936)
  • 視野角( FOV ): 82.6°
  • 動画: HD720p30
  • フォーマット: JPG(写真)、MP4(動画)
  • EIS(電子式映像ブレ補正): 対応

それ以外は『Tello』と全く同じです。

【Tello EDU】同梱品の違いは、4枚の『ミッションパッド』

  • 本体(プロペラガード付き)
  • バッテリー
  • 予備プロペラ(cw、ccw 各2枚)
  • プロペラ取り外し用ツール

  • マニュアルミッションパッド(4枚)
  • USBケーブル(USB-A to USB-B)

『Tello EDU』には、ビジョンセンサーで認識できる地点情報として使用できる4枚の『ミッションパッド』が付いてきます。

【Tello EDU】複雑なコーディングが可能に

『Tello』との一番の違いは『ミッションパッド』に対応しているところです。

『Tello EDU』にの『ミッションパッド』には、星座をモチーフに表側には「1」から「4」までの数字が描かれています。

裏面は「5」から「8」。

この『ミッションパッド』を使用して位置を認識させることで、『Tello EDU』にあらかじめプログラムした動きをさせることができます。

複数の『Tello EDU』を使った編隊飛行の制御も可能です。

DJI RyzeTello Edu Swarm flight test with mission pads

同じドローンがたくさんあると、どれがどれだか分からなくなりそうですね…(笑)

さいごに

プログラミング教育に最適なドローン『Tello EDU』。

子供から大人までレベルに合わせて楽しむことができます。

関連記事

【屋内でも】DJIのトイドローン!『Tello』がウワサ以上に高性能!【屋外でも】
2018年4月に発売された”RYZE Tello”。 おもちゃとは思えないほど高性能のドローンです。 ...