【200g未満】Mavic Mini ハンズオンレビュー【小型ドローン】

スポンサーリンク

DJIから新しく小型で軽量なドローン『Mavic mini』が発売されました。

海外仕様は249グラム、日本仕様は199グラムと各国の規制を意識した重量になっています。

こんにちは。UNDER500’です。

発売日に申し込んだ『Mavic Mini』がようやく届きました。

『DJI Mavic Mini』日本仕様は199グラム

噂どおり、250グラムを僅かに切った249グラムで発表された『Mavic mini』。

日本仕様はDJIのドローンとして初めて200グラムをギリギリ下回る、199グラムで登場しました。

日本では200グラム未満のドローンは、改正航空法の対象外になります。

海外仕様との重量差はバッテリーの違いによるものです。

中国やアメリカなどでは250グラム以上ドローンは登録が必要になりますが、この『Mavic mini』は250グラム未満なので登録の必要がありません。

関連記事

FAA(連邦航空局)にドローンを登録する手順

スペック

Mavic mini(日本仕様) Mavic Air Spark
重量 199g 430g 300g
サイズ 160×202×55 mm (L×W×H) 168×184×64 mm (L×W×H) 143×143×55 mm (L×W×H)
サイズ

(折りたたみ時)

140×82×57 mm (L×W×H) 168×83×49 mm (L×W×H)
対角寸法 213mm 213mm 170mm
最大飛行時間 18分 21分 15分
最大速度(Sモード) 47km/h 68.4 km/h 50km/h
伝送距離 2000 m 2000 m 500 m(送信機使用時)
検知システム 下方 前方、後方、下方 前方、下方

機体

最初に手にして感じるのは『小ささ』よりも、その『軽さ』です。

このぐらいのドローンだとこんな感じかな?って持ってみると、想像をはるかに超える軽量な機体に結構驚きます。

大きさと重さの感覚がずれているような気がするほど、めちゃくちゃ『軽い』です。

小さい機体は折りたたんだ状態で、スマホ程度しかありません。

Mavic Airと並べてみても、その小ささがよくわかります。

ところが展開した状態だと対角距離が213mmと全く同じなので、それほど小さく見えませんね。

これは意外と風に強いかもしれません。

また、軽量化のため『Mavic Mini』は機体内部にファンを搭載していません。

暑い時期は熱対策が必要になるかもしれません。

バッテリー

日本仕様は200グラム未満を実現するため、バッテリー容量を減らしています。

飛行時間がスペックでは18分となっています。

風などの影響を考えると、安心して飛ばせるのは実質10分前後でしょう。

このクラスの小型ドローンなら十分な飛行時間だと思いますが、海外モデルが30分なのでちょっと残念ですね。

ビジョンセンサー

Mavicシリーズと共通の顔つきですが、『Mavic mini』の黒い部分はメッシュ状になっていて前面にビジョンセンサーはありません。

唯一のビジョンセンサーは底面にあります。

カメラ

Mavic mini Mavic Air Spark
センサー 1/2.3インチCMOS 1/2.3インチCMOS 1/2.3インチCMOS
有効画素数 12MP 12MP 12MP
FOV 83° 85° 81.9°
レンズ(35mm換算) 24mm 24 mm 25mm
絞り f/2.8 f/2.8 f/2.6
ISO感度(写真) 100~3200 100~3200 100~1600
ISO感度(動画) 100~3200 100~3200 100~3200
シャッター速度 4~1/8000秒 8~1/8000秒 2~1/8000秒
画像サイズ 4000×3000 4056×3040 3968×2976
動画解像度 2.7K:2720×1530 25/30 p

FHD:1920×1080 25/30/50/60 p

4K Ultra HD:3840×2160 24/25/30p

2.7K:2720×1530 24/25/30/48/50/60p

FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p

HD:1280×720 24/25/30/48/50/60/120p

FHD:1920×1080 30p
最大ビットレート 40Mpbs 100 Mbps 24 Mbps
写真フォーマット JPEG JPEG / DNG(RAW) JPEG
動画フォーマット MP4 (MPEG–4 AVC / H.264) MP4/MOV (H.264/MPEG-4 AVC) MP4 (MPEG-4 AVC/H.264)
ジンバル 3軸 電動 3軸 電動 2軸 機械式

『Mavic mini』のカメラは『Mavic Air』と『Spark』の中間といったところです。

4K動画やRAWが撮影できないのはちょっと残念ですが、200グラム以下でこのカメラの性能は十分すごい気がします。

こんなに小さな機体にも関わらず3軸の電動ジンバルを搭載しているので、機械式の2軸ジンバルだった『Spark』よりも滑らかな動画撮影が可能です。

付属品

Mavic Mini

  • 送信機
  • インテリジェント フライトバッテリー(1100mAh)
  • プロペラ1 組(予備)
  • Micro USB ケーブル
  • ジンバル プロテクター
  • コネクター(Micro USB、USB Type-C、Lightning)
  • コントロールスティック1 組(予備)
  • プロペラ固定用ねじ(予備)x 6
  • ねじ回し

『Spark』では別売りだった送信機が付属しているのは嬉しいですね。

充電はバッテリーを取り外さないで、機体に直接マイクロUSBケーブルを差し込みます。

Mavic Mini Flymore キット

  • 送信機
  • インテリジェント フライトバッテリー(1100mAh)x 3
  • プロペラ1 組(予備)x 3
  • Micro USB ケーブル x 2
  • ジンバル プロテクター
  • コネクター(Micro USB、USB Type-C、Lightning)
  • コントロールスティック1 組(予備)
  • プロペラ固定用ねじ(予備)x 18
  • ねじ回し
  • 360°プロペラガード
  • 2WAY 充電ハブ
  • DJI 18W USB 充電器
  • キャリーバッグ

プロペラガードはケージ状になっていて、屋内で飛ばすときにも安心です。

『Osmo Mobile3』と同じようなデザインのケースも付いてきます。

Flymoreキットには2WAY充電ハブがついてきます。

充電ハブを使えば、3本のバッテリーを順番に充電することができます。

送信機も充電することが可能です。

また、モバイルバッテリーとしても使うことができるのがいいですね。

新しいアプリ『DJI Fly』

『Mavic mini』はこれまでの『DJI GO4』ではなく、新しいアプリの『DJI Fly』を使用します。

DJI Fly

DJI Fly

DJIposted withアプリーチ

『DJI Fly』のほうがよりシンプルなデザインになっています。

しっかり作りこまれていて操作感もよく、違和感なく使うことができますね。

豊富なMavic mini純正オプション

純正のオプションも豊富に用意されています。

Mavic Mini 充電ベース

ドローンをおしゃれに飾っておく、という発想は斬新ですね。

Mavic Mini スナップ アダプター

Mavic Mini DIY クリエイティブ キット

DJI Mavic Mini – Make Your Drone Your Own

スキンシートを自作できるキットです。

本体と一緒に購入してみました。

【Mavic Mini】小学生でもオリジナルドローンがつくれたよ!【DIYクリエイティブキット】
オリジナルのスキンシールが作れる、『Mavic Mini』の純正アクセサリー『DIYクリエイティブキット』。 デザインが印刷されている...

Mavic Mini プロペラホルダー

『Mavic Mini』にはおしゃれなオプションが多いですね。

DJI ミニバッグ

さいごに

200g未満で発売された『Mavic Mini』ですが、もちろんどこでも飛ばせるわけではありません。

ルールを守って安全に楽しみたいですね。