交換するだけで空撮映像のレベルアップ!ドローン用NDフィルター!

スポンサーリンク

ドローンにもNDフィルター、特に絞りを調整できない機体には必需品です。

こんにちは。UNDER 500‘です。

NDフィルターってなに?

『NDフィルター』とはレンズに入ってくる光をカットしてくれるフィルターです。

NDフィルターとは、ニュートラル・デンシティー(Neutral Density)フィルターの略で、直訳すると”中立な濃度のフィルター”と言う意味になります。目で見える範囲の光を均等に吸収するよう設計されており、発色に影響を与えることなく、光量のみを少なくします。

『NDフィルターとは?』ケンコー・トキナー

撮影する対象の色はそのままにを、光量だけを減らすことができます。

それによって絞りを開けたり、シャッタースピードを遅くしたりすることができます。

静止画では川や滝の流れを雲糸状にしたり、明るい場所でスローシャッターにしたり、長時間露出による特殊効果を出して撮影することが可能になります。

『一般NDフィルター』ケンコー・トキナー

動画撮影の場合は、明るい環境でシャッタースピードが速くなってしまうことを防ぐことができます。シャッタスピードが速すぎると、パラパラマンガのような違和感のある動画になってしまいます。

NDフィルターを使って光量のみを減らすことによって、自然な残像が残るシャッタースピードで撮影することが出来るようになります。

『アドバンスト ドローンフィルターIRNDキット FOR DJI MAVIC 2 ZOOM』

今回、Mavic2 Zoom用に購入したのはこちら。

『アドバンスト ドローンフィルターIRNDキット FOR DJI MAVIC 2 ZOOM』

カメラ用のレンズやフィルターのメーカー『ケンコー・トキナー』のドローン用NDフィルターです。

DJI純正のNDフィルターをはじめ、色々なメーカーから発売されています。純正でも良かったんですけど、あえてこれにしてみました。

立派なケースに入ってます。

NDフィルターには『ND4』や『ND16』など数字が違うものが何種類もありますが、最後の数字は『光の量を何分の一にする』という意味です。『ND4』なら光を1/4に、『ND16』なら1/16にするという意味です。

ちなみにMavic Airでは中国のやっすいヤツを買いましたが、映像が赤みを帯びてしまうことが多かったですね。(笑)

もちろんMavic Air用もあります。

純正フィルターとの比較

左がMavic2 Zoomに最初からついているフィルターです。右のNDフィルターは『ND4』です。サングラスのように色がついています。数字が大きくなるほど色が濃くなっていきます。

手に取ってみると厚みも、重さもはっきり分かるぐらい違いました。

左が純正、右がNDフィルターです。

ちょっと分かりにくいですが、ケンコー・トキナーのNDフィルターは厚さが純正の2/3ぐらいしかありません。

重さも純正より軽く、実際計ってみたら純正フィルターの半分以下でした。

ケンコートキナーNDフィルター

純正フィルター

純正フィルターから交換したら、ジンバルのキャリブレーション(校正)をしたほうが良さそうです。

交換方法

フィルターの交換はとてもカンタンです。

ジンバルカメラについているフィルターを外します。

反時計回りに回せば外れますが、初めて外す場合は結構固くしまっている場合もあります。

軽くブロワーで掃除してから逆の手順で取り付けます。

そのままでも問題ないと思いますが、念のためジンバルのキャリブレーションをして完了です。

【NDIRフィルター for Mavic2】シャッタースピードの変化

実際にNDフィルターを付けてみたときのシャッタースピードはだいたいこんな感じでした。

設定はオート、飛行ルートはほぼ同じです。

NDフィルターなし

ND4

ND8

ND16

ND32

フィルター無し 1/1200-1/2000
ND4 1/160-1/500
ND8 1/100-1/320
ND16 1/60-1/100
ND32 1/40-1/80

『ND4』を付けて光量を1/4にすると、シャッタースピードは4倍ぐらいになっていますね。他もだいたい同じようになっていました。

【NDIRフィルター for Mavic2】映像を比較

それぞれ『NDフィルター無し』から『ND4』、『ND8』、『N16』、『ND32』とフィルターを付け替えて撮影してみました。

ドローン用NDフィルター 実写テスト

比較動画を作ってみましたが、あまり違いがわからないような…笑

数字が大きくなるほど滑らかな映像になっているような気がします。

シャッタースピードは遅くなっているので効果があるのは間違いないです。

逆に言うと、撮影条件によっては違いが出にくいことがわかりました。

DJI純正のNDフィルターと比較したわけではありませんが、『ケンコー・トキナー』のNDフィルターも色被りや変に赤くなることなく、光量だけを綺麗にカットしてくれます。

取り付け精度も高く、なかなか高性能です。

純正よりも高いんですけどね笑

さいごに

Mavic2 ZoomにもNDフィルターを付けてみました。

Mavic AirやMavic2 Zoomなど絞り調整ができないドローンには必須のアイテムです。